プリンセス・クルーズ、「ダイヤモンド・プリンセス」のクリーニングや消毒を手掛ける企業を募集

©Traicy Japan Inc,

プリンセス・クルーズは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」のクリーニングや消毒を手掛ける企業を世界中から募集する。

乗員乗客の下船と、検疫を終えた後、運航休止期間に清掃や消毒を行う計画で、客室のタオルやリネン、マットレスパッドなどの回収や処分のほか、廊下や手すり、レストラン、フード&ビバレッジエリア、エンターテインメント施設などの公共エリア、機関部、乗務員居住エリア、医務室などのあらゆるエリアが消毒の対象となる。作業は日本の厚生労働省やアメリカ疾病管理センター(CDC)、世界保健機関(WHO)などが定める基準のほか、プリンセス・クルーズが設ける運航上の規則に沿って行う必要がある。

プリンセス・クルーズのジャン・スワーツ社長は、「お客様と乗務員の安全と健康が私たちにとって最優先事項です。本船の端から端まで清掃と消毒を行っていただけるパートナーを探しています。消毒剤Viroxの使用や、類似したプロジェクトに参画したことのある企業と共に、この重要な任務を行っていきたいと思っています。」とコメントしている。

「ダイヤモンド・プリンセス」は、イギリス船籍のクルーズ船で、P&Oが所有し、世界最大のクルーズ企業、カーニバル・コーポレーション傘下のプリンセス・クルーズが運航している。三菱重工業長崎造船所で建造され、2004年に就航した。2014年には日本市場向けにリノベーションを行い、展望浴場などを新設している。