菊池が2回途中3失点で敗戦投手に 平野も被弾で1失点

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間2月24日、マリナーズはオープン戦でレンジャーズと対戦し、メジャー2年目のシーズンを迎える菊池雄星が先発。菊池は4安打を浴びて3点を失い(自責点は2)、2イニングを投げ切ることができず、2回途中で降板となった。3点ビハインドの4回表には4番手として今季新加入の平野佳寿がマウンドに上がり、一死走者なしからソロ本塁打を浴びて1失点。その後、追い上げを見せたマリナーズだが、5対7で敗れ、菊池は敗戦投手となった。

マリナーズ先発の菊池は、1回表先頭の1番・秋信守(チュ・シンス)と2番ニック・ソラックを連続で空振り三振に仕留める好スタートを切ったものの、3番ジョーイ・ギャロに二塁打を浴び、4番トッド・フレイジャーの当たりがサードへの内野安打となり、三塁のカイル・シーガーの悪送球が絡んで1失点。続く5番ルーグネッド・オドーアはピッチャーゴロに抑えた。

2回表は先頭の6番グレッグ・バードをファーストライナーに打ち取るも、7番マット・ダフィーにヒットを許し、8番レオディ・タベラスに四球を与えて一死1・2塁のピンチ。ここで9番ティム・フェデロビッチにレフトへの二塁打を浴び、二者が生還した。さらに一死2塁から1番・秋に死球を与えたところで降板。1回1/3を投げて被安打4、奪三振2、与四球1、与死球1、失点3(自責点2)という内容で敗戦投手となった。

0対3と3点ビハインドの4回表に4番手として登板した平野は、先頭の8番タベラスをファーストゴロに打ち取ったものの、9番フェデロビッチにレフトへの1号ソロを被弾。続く1番・秋と2番ソラックはともにセカンドゴロに仕留め、1回1安打1失点という内容で新天地マリナーズでの実戦デビューを終えた。

日本人投手2人が合計4点を失ったマリナーズは、6回裏終了時点で2点差まで追い上げたものの、終盤に投手陣が再び失点。打線の奮起も及ばず、レンジャーズに5対7で敗れている。