錦織 1年10ヶ月ぶりのトップ30陥落。西岡良仁は自己最高位更新【最新ATPランキング】

©株式会社WOWOW

錦織圭(左)と西岡良仁(右)

ATP(男子プロテニス協会)は24日、最新の世界ランキングを公表。錦織圭(日本/日清食品)は、前週から順位を1つ下げて31位となった。

錦織は前週と変わらず1,390ポイントだが、「ATP500 リオデジャネイロ」でベスト4入りしたボルナ・チョリッチ(クロアチア)が32位から28位に上昇したことにより、後退。錦織は2018年4月以来、約1年10ヶ月ぶりのトップ30陥落となった。

前週の「ATP500 リオデジャネイロ」で、今シーズン2個目のタイトルを獲得した23歳クリスチャン・ガリン(チリ)は、順位を7つ上げて18位に。自己最高位を更新するとともに、初のトップ20入りを果たした。

また、前週の「ATP250 デルレイビーチ」で、キャリア通算2個目のタイトルを獲得した22歳ライリー・オペルカ(アメリカ)は、54位から39位に浮上。

そして、日本人選手では「ATP250 デルレイビーチ」で準優勝の西岡良仁(日本/ミキハウス)が、前週から順位を15‬上げて48位に。2017年3月以来、約2年11ヶ月ぶりにキャリアハイを更新し、初のトップ50入りを果たした。

2020年の目標の一つとして「東京オリンピック」出場を掲げている西岡。その出場権獲得に向けて大きく前進した。

そのほか、杉田祐一(日本/三菱電機)は2つ順位を上げて81位。内山靖崇(日本/北日本物産)は3つ下げて99位につけている。

なお、西岡と内山は今週「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月24日~29日/ハードコート)に出場する。

◇ ◇ ◇

【2月24日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1)ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 9,720
2. ← (2)ラファエル・ナダル(スペイン) 9,395
3. ← (3)ロジャー・フェデラー(スイス) 7,130
4. ← (4)ドミニク・ティーム(オーストリア) 7,045
5. ← (5)ダニール・メドベージェフ(ロシア) 5,890
6. ← (6)ステファノス・チチパス(ギリシャ) 4,745
7. ← (7)アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 3,885
8. ← (8)マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,860
9. ← (9)ガエル・モンフィス(フランス) 2,860
10. ← (10)ダビド・ゴファン(ベルギー) 2,555
11. ← (11)ファビオ・フォニーニ(イタリア) 2,400
12. ← (12)ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) 2,360
13. ← (13)ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,265
14. ← (14)アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 2,219
15. ← (15)デニス・シャポバロフ(カナダ) 2,075
16. ← (16)スタン・ワウリンカ(スイス) 2,060
17. ← (17)カレン・ハチャノフ(ロシア) 2,040
18. ↑ (25)クリスチャン・ガリン(チリ) 2,005
19. ↓ (18)フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 1,771
20. ↓ (19)ジョン・イズナー(アメリカ) 1,760

\------------------------

28. ↑ (32)ボルナ・チョリッチ(クロアチア) 1,455

31. ↓ (30)錦織圭(日本/日清食品) 1,390

39. ↑ (54)ライリー・オペルカ(アメリカ) 1,177

48. ↑ (63)西岡良仁(日本/ミキハウス) 1,007

81. ↑ (83)杉田祐一(日本/三菱電機) 701

99. ↓ (96)内山靖崇(日本/北日本物産) 604

110. ↓ (104)ダニエル太郎(日本/エイブル) 511

118. ↓ (114)添田豪(日本/GODAI) 487

(テニスデイリー編集部)

※写真は錦織圭(左)と西岡良仁(右)
(Getty Images)