J2松本山雅 逆転で開幕戦白星スタート 地元・松本からも熱い声援 サポーター「幸先の良いスタート!」

©株式会社長野放送

サッカーのJ2松本山雅は、きのう23日の開幕戦で愛媛を相手に逆転勝ちし、J1復帰に向けて好スタートを切りました。地元の長野県松本市からも大きな声援が送られました。

昨シーズン2度目のJ1は17位に終わり、J2に降格した松本山雅。今シーズンは布啓一郎新監督のもと、1年でのJ1復帰を目指します。

きのうの開幕戦は、アウェーで愛媛と対戦しました。地元・松本市では飲食店におよそ70人のサポーターが集まり声援を送りました。

サポーター:

「去年とはまるで違う、攻撃的サッカーを期待します」

「優勝を目指して頑張ってほしい」

試合は前半、互いに決め手をかき、無得点で折り返します。すると後半3分、コーナーキックを頭で合わされ、愛媛に先制を許してしまいます。

今シーズン、3バックから4バックに変更し、サイドからの攻撃に厚みを持たせている山雅。

失点から4分後にその成果が出ます。右サイドを抜け出した阪野のクロスから鈴木がシュート。新加入の鈴木のゴールで、すぐさま同点に追いつきます。

さらに後半26分、セルジーニョの強烈なシュートのこぼれ球を、阪野が押し込み逆転に成功します。このまま逃げ切り、開幕戦を逆転勝利で飾りました。

地元のサポーター:

「うれしいですよ。このままいってJ1にいってもらえればいいと思います」

「勝ちました!幸先の良いスタートです!攻撃にいろんなパターンがあって面白かったです」

松本山雅FC・阪野豊史選手:

「何がなんでも勝ちたかったので、結果が出て良かった。いいスタートが切れたと思うので、続けていければ」

松本山雅FC・布啓一郎監督:

「全員で守って、攻撃につなげたという、全員が一丸にやった(結果)ということだと思う」

好スタートを切った松本山雅。次のリーグ戦は来月1日、ホーム開幕戦で新潟と戦対戦します。