『一度死んでみた』吉沢亮が「ウユニ塩湖に行ってみたい」、広瀬すずはリリー・フランキーとのラジオ熱望

©映画ランド 株式会社

映画『一度死んでみた』完成披露ミサが24日、都内・イイノホールにて行われ、広瀬すず、堤真一、吉沢亮、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、浜崎慎治監督が登壇した。

父のことが死ぬほど嫌いな女子大生と、「少しだけ死ぬ薬」で死んで“おばけ”になってしまった父親を巡って巻き起こる騒動を描くコメディ。広瀬すず、堤真一、吉沢亮をはじめ、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、西野七瀬、城田優、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡らが共演。ソフトバンクCM「白戸家」シリーズなどで知られるCMプランナー/クリエイティブ・ディレクター澤本嘉光が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなどのCMを手掛けるCMディレクター浜崎慎治が映画初監督を務める。

大歓声で迎えられるなか、コメディ初挑戦となった広瀬は「撮影が1年半前だったので、やっと皆さんと舞台に立てて嬉しいです!」とにっこり。ピンクの髪を振り乱しながら叫ぶシャウトシーンが話題になっているが、「攻撃的にいこうと心に決めて、お父さんに対する反抗期がとにかく強いことを意識して演じました。私の中にあるやさぐれ精神がパーンッと気持ちよく発散されました(笑)」と役を振り返る。

吉沢は、立てた棺桶からの登場に「凝ったセットを作っていただいて、すごいお祭り感のある演出。この映画にピッタリだなと思いました」と挨拶し、歓声に応える。イケメンオーラを封印し、存在感が無さすぎる役どころに挑んだ吉沢だが、「表面的な部分では前髪を伸ばしてメガネをかけ、姿勢を悪くするように意識しました。内面的な部分では、ほぼ役作りをしてない(笑)僕自身めちゃくちゃ根暗なので、素の吉沢亮でやっていました」と明かした。現場でも「いるのに、『すみません吉沢さん待ちです』と言われることがたまにありした」と暴露した。

また、広瀬から罵倒される役柄を演じた堤は「娘がいるので、『いずれ言われるんだろう…』と、良いシュミレーションになりました(笑)いちいち怒らない、傷つかない、今から(自身に)言い聞かせておこうと思います」とコメントした。

イベントでは、本作のタイトルにちなみ「一生のうちに一度してみたいことは?」とのお題が。吉沢は「ウユニ塩湖に行ってみたい。写真でしか見たことがないので。(海外も)仕事以外で行ったことがないので、リアルに見てみたいですね。塩を舐めようと思います(笑)」と笑みをこぼした。

広瀬は、リリー・フランキーとラジオをやりたいようで「以前ラジオをやらせていただいた時に、リリーさんが遊びにきてくださって。面白くて、これがまだ続けばいいなぁって」とラブコール。そんなリリーは「すずに壁ドンをしてみたい」とこぼす。広瀬は「ラジオでそのドンを聞かせましょう!」と笑顔をのぞかせた。

映画『一度死んでみた』は3月20日(金)より全国公開

(C)2020 松竹 フジテレビジョン