中国、野生動物の取引を禁止

新型肺炎拡大で全人代常務委

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代)の常務委員会は24日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの拡大を受け、感染の温床となる野生動物を食べる習慣の根絶や野生動物の全面的な取引禁止を決めた。国営メディアが報じた。

 中国の専門家は野生動物が新型コロナウイルスの感染源だった可能性が高いとの見方を示している。感染を防ぎ国民の生命と健康を守るため、明確に禁じ、管理を強める必要があった。

 中国は野生動物保護法で国家が重点的に保護する動物などに限って食用とすることを禁じている。同法を改正するには一定の時間がかかるため、全人代常務委で取引禁止を決めた。