老舗機械商社、社員主役の設立70周年機に社内改革  働きやすく魅力ある企業へ 三栄商事、新評価制度を導入 「健康経営」も推進 社員の幸せに重点

©株式会社中部経済新聞社

ワークショップの参加者は積極的に意見を出し合った

 機械商社の三栄商事(本社名古屋市東区東桜2の17の6、後藤正幸社長、電話052.931.3355)は、設立70周年を機に社内改革に乗り出している。社員が働きやすく、魅力のある企業を目指す。すでに経営理念を改定したほか、新たな評価制度の導入などを実施。今後は、社員の健康維持や増進に積極的にかかわる「健康経営」を推進する方針。