鉄道客に時差出勤呼び掛け

国交省、全国の駅で

©一般社団法人共同通信社

 国土交通省は25日、新型コロナウイルス感染防止に向け、全国の鉄道事業者を通じ、利用客に在宅勤務などの「テレワーク」や時差出勤の呼び掛けを放送で始めた。マスク着用などの「せきエチケット」や手洗いへの協力も訴える。

 赤羽一嘉国交相は記者会見で「混雑緩和による感染拡大防止の観点から重要な取り組みだ」と強調した。

 国交省でも当面、本省職員の半分程度を対象に時差出勤を実施。出勤時間について、2時間の繰り上げと1時間の繰り下げを取り入れる。

 一方、赤羽氏は公共交通機関の利用制限に関しては「国民生活に大きな影響を与える。現時点では考えていないが推移を見守る」と述べた。