『ヒルナンデス!』新レギュラーに怒り! 南原ディスに「マジで失礼」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Viorel Sima / Shutterstock 

この2月から『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の新水曜レギュラーを務めている〝めるる〟こと生見愛瑠(ぬくみめる)が、あまり視聴者から歓迎されていないようだ。

生見は来月18歳を迎える現役高校生。2月から2カ月限定のシーズンレギュラーとして番組に加わり、若さとおバカキャラで早速、レギュラー陣からイジられている。最新19日の放送では、水曜の看板企画「ハンドメイド主婦に弟子入り」に参加し、ビーズとステンドグラスの作品を作った。

ステンドグラス作品の制作で「定規を初めて使う」「学校が全部iPadなんですよ」「昨日テストだったけど全部iPadで受けた」と発言すると、驚いた出演者から「テスト用紙は?」「どうやってんの?」と質問攻めにあい、生見は思わず「いっぺんにしゃべらないで!」とパニックに。その後、素材のガラスを鏡代わりにメークを直す奔放さを見せていると、『オードリー』若林正恭から「(司会の)南原さんが『ウッチャンナンチャン』でコントしてたのとか知らないでしょ?」と、世代を念頭に置いた質問が飛び出した。

 

加入してすぐなのに「水曜最弱説」の一因に…

生見は「2人いるって知らなくて、1人で『ウッチャン〝ナンサン〟』だと思ってたんですよ」「内田さん? 1人で2人だと思ってて、確かに顔が違うなって」「日によって顔のコンディション違うのかと思った」と意味不明な返答をし、若林は思わず「失礼も入ってきちゃうから!」とツッコミ。さらに、春日俊彰とともに「楽屋で共演者にやたらとパンを勧める」という〝あるある〟で南原をイジり始め、若林からは「お前失礼だな!」と、さらに鋭いツッコミが飛んでいった。

相変わらず終始マイペースな生見だったが、大人の視聴者にとって、おバカキャラや常識知らずな面はイライラのタネになってしまうよう。ネット上には、

《生見愛瑠マジで失礼過ぎ 無知過ぎるし常識知らないの?》
《めるるさんみたいな失礼な人はいらないな ゆきぽよとかのがよっぽどちゃんとしてる》
《ヒルナンデスって主婦層が見てるのにめるる? 生見愛瑠とかいうバカ女とかキャスティングミスじゃない? 主婦層が一番嫌いなタイプよ?》
《ナンチャンに対して失礼だし敬語も使えないし》
《みちょぱとかなら好感持てますがこのめるるって人は無理》

など、否定的な声が飛び交っている。

「めるるが加入してからの放送はまだ3回しかありませんが、見ていると、正直過ぎて思ったことをすぐ言ったりやったりしてしまう傾向がありますね。この日も、若者に流行しているマカロンのビーズアートを作って『ちょっと大人の世代の方に、若返ってほしいと思って作りました』と、年配の視聴者をバカにしていると捉えかねないコメントをしていましたし、悪意は感じられないものの、失言までいかないレベルの思慮浅い発言が目立ちます」(テレビ雑誌記者)

家事やライフハックネタを多く扱い、主婦層をターゲットにしている同番組。しかし、そのメインターゲット層のウケが悪いキャスティングをするとは、「ヒルナンデスは水曜日が特にヒドい」という批判も納得だ。

 

【画像】

Viorel Sima / Shutterstock