清原翔が「恋つづ」で上白石萌音&佐藤健と三角関係に。「ほれてしまう気持ちは分かる」

©株式会社東京ニュース通信社

上白石萌音と佐藤健共演のTBS系連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(火曜午後10:00)の2月25日放送・第7話から、入院患者・上条周志役で清原翔が出演。清原は「七瀬ちゃんと天堂先生の仲をごちゃごちゃさせる役をやらせていただきます。楽しんでやらせていただいています。皆さまぜひご覧ください!」とアピールしている。

同作は、円城寺マキ氏の同名漫画を原作に、憧れのドクター・天堂浬(佐藤)を追いかけて看護師になった主人公・佐倉七瀬(上白石)が恋に仕事に奮闘する胸キュンラブストーリー。周囲から「魔王」と恐れられている超ドSの天堂に憤慨しつつも、真っすぐな七瀬は「勇者」のごとく、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

今回清原が演じるのは、難しい症例の病を抱え、日浦総合病院に入院してくる上条。ひょんなことから知り合った七瀬が看護師であることを知った上条は、特別室のVIP待遇で入院。大企業の社長の御曹司である上条は、純粋な七瀬に好意を抱き、自分専属の看護師に指名する。さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こす役どころだ。

清原は「TBSのドラマには何度かゲストで出演させていただいているのですが、皆さんに雰囲気をよくしていただいて、今回もとても入りやすい現場でした。それは、演技にも反映されていると思います」と現場にすぐになじんだ様子。さらに、「恋愛ドラマはあまりやったことがないので、新鮮な気持ちで挑めているような気がしています」と語り、「患者がナースに恋をする設定は、ないことはないなと思いました(笑)。優しいし、ある程度の身の回りのことをやってくれて、ほれてしまう気持ちは分かります(笑)」と、周志の心境に共感。

そして、「七瀬役の上白石萌音さんは、誰にでも気さくに接していて、礼儀正しくて育ちのよさが出ていて、素直にいい人だなって思いました。そして天堂役の佐藤健さんは、いろんな作品を見させていただいていたすごい方なので、とても緊張しました」と共演した2人についての印象を明かしている。