松重豊が猫役に挑戦。ミニドラマ「きょうの猫村さん」スタート!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京では4月8日からミニドラマ「きょうの猫村さん」(水曜深夜0:52、全24回)がスタート。累計330万部を誇る大人気コミックの実写化で、“猫の猫村さん”を実力派バイプレーヤーの松重豊が演じる。

松重が演じる猫村は、自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、「村田家政婦紹介所」の門をたたく。家政婦紹介所の長、村田の奥さんも家政婦志望の猫に戸惑うが、その能力の高さを認め、お金持ちの犬神家へ家政婦として奉公させることに…。

さまざまな役柄を演じてきた松重も、さすがに猫役は初めての挑戦。こわもて、長身の松重がどのように猫の家政婦を演じるのか、そのギャップも大きな見どころとなる。心温まる2分30秒の本作では、松重のほかにも個性豊かな登場キャラクターたちを演じる、豪華俳優陣の出演も期待される。

本作への出演について、松重は「ほしよりこさんの描く世界観が好きで、安易に実写化など考えてほしくないと思う1人でした。(猫を演じるために)うちの猫に聞いてみたのですが、何も教えてくれません。今日、衣装合わせで鏡を見ているうちに、猫村さんを演じる自分が楽しくなってきました」と語り、「『孤独のグルメ』(同系)をやる時に『酒場放浪記』をベンチマークにしました。今回は尺的にも質的にも、NHK Eテレの『2355』がベンチマークです」と明かしている。

実写化にあたり、原作者のほし氏は「原作のことは忘れて、キャストが豪華なドラマを楽しみましょう。音楽も楽しみです」とコメントを寄せている。