社民との合流、立民から悲観論

慎重派の福島党首就任で

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は25日の記者会見で、社民党党首に福島瑞穂氏が復帰したことに関し「信頼関係と連携を強めたい」と述べ、両党の合流協議の進展に期待感を示した。ただ、福島氏はこれまで合流に慎重姿勢を示していたため、立民からは「合流して自分が目立たなくなるのが嫌なのだろう」(ベテラン議員)、「長期的な視点で考えられるだろうか」(閣僚経験者)と悲観論も漏れた。

 立民の常任幹事会では福島氏の党首就任と、引き続き合流協議を行うとの報告があった。会見で福山氏は、社民党大会で協議継続の議案が採択された点に触れ「議案の通り真摯に対応してもらえると思う」と強調した。