【タイ】シボレー、アフターサービス維持を強調[車両]

©株式会社NNA

シボレー・タイランドは新車販売撤退後のアフターサービス体制の維持を強調した(同社提携)

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のタイにおける「シボレー」ブランドの販売を手掛けるシボレー・タイランドは、新車販売からの撤退後も定期検査などのアフターサービス体制を維持すると強調した。年内に新車販売が終了するシボレー車に関して、購入者などから懸念の声が高まっていることに応えた形だ。

24日に発表した声明で、定期検査、保証、修理、部品交換といったすべてのアフターサービスを新車販売終了後も続けると説明。GMの東南アジア事業を統括するヘクトール・ビラーリアル氏は、「新車販売撤退後もタイのアフターサービスに関する組織は存続する」と説明した。

GMは今月17日、タイ東部ラヨーン県で操業する工場を、年内に中国の長城汽車に売却するとともに、タイの新車販売から撤退することを明らかにした。