防災かわら版

©株式会社VOTE FOR

■冬の防災対策をお願いします
◆地震だ、津波だ、
すぐ避難!
少しでも早く、少しでも高く

静岡県では、東日本大震災が発生した3月11日を含む10日間を、津波対策推進旬間と定めています。今年度は、3月6日(金)から3月15日(日)までとし、3月15日(日)を統一実施日として、県内一斉で津波避難訓練が実施されます。
午前9時に地震発生のサイレンを鳴らし、同時に緊急速報メールを配信します。市内では、津波避難訓練や、防災資機材の点検等が行われます。
訓練内容は、各地区によって異なりますので、詳細はお住まいの地区の自主防災会にご確認ください。積極的に訓練に参加し、自助・共助の力を身に付け、いつ起こるかわからない災害に備えておきましょう。

◆災害に対するご家庭での備えはしていますか?
津波対策旬間をご家庭での災害対策を見直す機会にしてみてはいかがでしょうか。
ハザードマップでご自宅や避難場所、避難までの経路に潜む危険について確認し、非常持ち出し品、備蓄品、災害時の連絡手段についてご家族の皆さまで共通の意識を持ち、準備を進めましょう。

◆冬の強風にご注意を
2月は冬型の気圧配置が次第に緩み始める月です。冬型の気圧配置が緩んだときに、日本海側で発達した低気圧が通ると、南からの強い風が吹くことがあります。
立春(2月4日)から春分(3月20日)までの間に日本海で低気圧が発達して、初めて南からの強い風が吹くことを「春一番」と言います。これらに起因する風害への注意、警戒をお願いします。
市の気象情報発表基準(風の場合)は次のとおりです。

気象庁から発表される気象情報などは天気予報や気象庁のホームページから、確認できます。