新型コロナウイルス感染者が増え続ける日本。この状況に米ロイターが「安倍はどこだ?」

©BuzzFeed Japan株式会社

安倍首相はどこだ?

時事通信

日本国内での感染拡大を防ごうと各省庁が対応する中、米ロイター通信が「安倍はどこだ?」との記事を2月25日に出した。

歴代最長の首相である安倍晋三 (65) は今回のウイルス対策に関して対応に失敗しつつあり、その舵取りが出来ておらず、自分の役割を主に厚生労働大臣に任せきりだと批評家は書いている。

1年7ヶ月ぶりに「支持しない」が逆転した安倍内閣支持率。その理由は。

コロンビア大学 / Via weai.columbia.edu

日本の政治に詳しいコロンビア大学のゲリー・カーティス氏は安倍総理の対応不足について記事内で「リーダーシップはどこにあるのか?」と述べている。

「今でも、安倍氏は世間に出て来ず、大衆と話すことや、人々を動員することもしていない」「これは長く続ければ続くほど彼を傷つけると思う」とコメントした。

というのも、2月15日16日にANNが安倍政権の支持率を世論調査したところ、1年7ヶ月ぶりに支持率が逆転。不支持率が支持率を上回る結果となった。

支持しない側の理由として「安倍総理の人柄が信頼できないから」「政策に期待が持てないから」などの声が上がっている。

さらに産経新聞の調査によると有権者はコロナウイルスに対する政府の対応を巡り、85%が今回の感染症について「心配している」と答えている。