鷹ドラ3津森が圧巻の対外試合デビュー 怒涛の4連続K、2回0封「投げっぷりアピール」

©株式会社Creative2

7回から登板したソフトバンク・津森宥紀【写真:福谷佑介】

いきなり無死一、三塁のピンチを招くも、そこから3連続奪三振で窮地脱する

 ソフトバンクのドラフト3位ルーキー津森宥紀投手が鮮烈な対外試合デビューを飾った。26日に行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」ロッテ戦で対外試合初登板。7回から登板すると、2イニングを2安打無失点に封じて4個の三振を奪った。

 7回からマウンドに上がったドラ3ルーキー。変則的な右サイド右腕はいきなり内野安打、右前安打で無死一、三塁のピンチを背負うも、そこから圧巻の3者連続三振で窮地を脱した。さらに2イニング目の先頭となった昨年のドラ1藤原も三振に斬り、4連続三振を奪った。

 甲斐野ら投手陣には怪我人が頻発している現状にある。降板後、津森は「緊張せずに自分のボールを投げられた。投げっぷりはアピールできたと思います。怪我されている人はいますけど、自分にとってはチャンス。アピールしていきたい」と語り、リリーフとしての開幕1軍入りに意欲を見せていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)