手塚治虫さん直筆絵入りの天井板

トキワ荘、東京・豊島区で公開へ

©一般社団法人共同通信社

警視庁池袋署の記者クラブから寄贈された「トキワ荘」の天井板を手にする高野之夫豊島区長=26日、警視庁本部

 警視庁池袋署(東京都豊島区)にある記者クラブは26日、クラブで保管していた手塚治虫さんが暮らしたアパート「トキワ荘」の天井板を豊島区に寄贈した。「リボンの騎士」の主人公や、ベレー帽をかぶりペンを握る手塚さんの若き日の姿が直筆で描かれており、3月にオープンする区立「トキワ荘マンガミュージアム」で公開される。

 トキワ荘は豊島区にあった一室4畳半の木造2階建てアパート。手塚さんや藤子・F・不二雄さんら昭和時代を代表する漫画家が若い頃に暮らしたことで知られる。

 寄贈を受け、高野之夫区長は「当時のものは他になく、歴史の証しと言っても過言ではない」と話している。