東京円、110円台半ば

©一般社団法人共同通信社

 26日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比24銭円高ドル安の1ドル=110円47~48銭。ユーロは07銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円09~13銭。

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が世界各地に拡大していることを受け、世界経済の先行き不安感が高まり、相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。米長期金利が低下したため、日米の金利差が縮小し円買いも進んだ。

 市場では「午後は欧米市場の様子を見極めたいとのムードになった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。