自民・中谷元氏が政府に注文

定年延長と新型肺炎対策

©一般社団法人共同通信社

 自民党の中谷元・元防衛相は26日の谷垣グループ会合で、黒川弘務東京高検検事長の定年を延長するための法解釈変更と、新型肺炎への対策を巡り政府に注文を付けた。定年延長に関し「検察は国民から常に厳正、公平と思われなければならない。『手続きに瑕疵はない』と言っているが、解釈変更の理由や経過をしっかり説明する必要がある」と述べた。

 新型コロナウイルスの政府対応を巡っては、ウイルスを高精度で検出するPCR検査の実施件数が「非常に少ない。態勢ができているかどうか」と指摘。早急に公的医療保険の適用対象とするよう求めた。