海外ブランドの偽物所持か 神戸の会社社長の男ら逮捕

©株式会社 サンテレビジョン

アメリカのファッションブランド「ラルフローレン」などの偽物を販売目的で所持していたとして、神戸の会社社長の男らが逮捕されました。

押収された衣服

商標法違反などの疑いで逮捕されたのは、兵庫県神戸市東灘区にある服の輸入販売会社「CDO」の代表を務める男(40)など2人です。

警察によりますと2人は2019年12月、ラルフローレンやラコステなど海外ブランドの偽物の商標をつけた服およそ2240点を販売目的で所持した疑いが持たれています。

CDOでは楽天やヤフーなどネット通販で商品を販売していて、これまでに、偽物のブランド品でおよそ9億円を売り上げていたとみられています。

調べに対し、男は容疑を認めていて、もう1人の男は「偽物だとは知らなかった」と容疑を否認しているということです。