明豊と大分商、上位進出誓う 広瀬知事にセンバツ出場報告【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

広瀬知事にセンバツ出場あいさつをした明豊(上)と大分商のナインら=県庁

 第92回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園)に出場する明豊、大分商の各選手と監督らが26日、県庁を訪れて広瀬勝貞知事に報告した。県勢は2年連続でダブル出場となり、甲子園で大分旋風を巻き起こすことを誓った。

 木戸孝明県高校野球連盟会長があいさつ。明豊の岩武茂代校長が「今年は昨年よりも力強いチームに仕上がった。甲子園で一つでも多く勝てるよう一丸となって戦う」、大分商の佐藤恵二校長が「県民一丸の支援もあり、23年ぶりにセンバツ出場ができた。甲子園では元気と勇気、感動を届けることができると信じている」と述べた。

 広瀬知事が「2年連続ダブル出場は大分の野球史上初めて。コンディションを最良の状態に整えて勝ち進んでほしい」と激励。明豊の若杉晟汰主将は「大分、九州の代表として最後まで諦めない姿勢で臨む。日本一を目指して戦ってきます」、大分商の川瀬堅斗主将は「これからも各自が目標をしっかり定め、学校史上最高の4強以上を狙う」と意気込みを語った。