日本の昇給見込みはアジア最低!? 従業員の半数近くが給与に不満

©株式会社BCN

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンの調査「ヘイズ アジア給与ガイド2020」によれば、給与を含む現在の報酬パッケージについて、日本で従業員の42%が「不満足」「非常に不満足」と回答したという。この結果は、中国(42%)と並び、マレーシア(46%)に次いで高い。

給与に「不満足」または「非常に不満足」と回答した割合

ヘイズ アジア給与ガイド2020は、中国、香港、日本、シンガポール、マレーシアにおける1244職務の給与水準と、5146人(中国2227人、香港645人、日本655人、シンガポール794人、マレーシア825人)を対象に実施した雇用の実態調査の結果をまとめたもので、今回で13年目を迎える。

期待する今後1年間の昇給率

昇給の見込みについて尋ねた質問では、中国の雇用主・従業員ともに今後1年間で「3~10%」とかなりの昇給を見込んでいる。一方で、日本では35%が「3%以下」、27%が「まったく昇給がない」と、回答者がアジアで最も見込みがないと見込んでいる。