3月1日~7日は子ども予防接種週間

©株式会社VOTE FOR

■4月からの入園・入学に備え必要な予防接種を受けましょう
子どもは発育とともに外出の機会が増え、感染症にかかる可能性も高くなります。お子さんを病気から守るには、予防接種で免疫を獲得することが大切です。下表を参考に、母子健康手帳でお子さんの接種状況を確認しましょう。
接種対象年齢の方は、区が発行する「予防接種予診票」をお持ちになると、定期接種は無料で、任意接種は一定の自己負担で受けられます。予診票がお手元にない方は、お問い合わせください。
※生活保護を受けている世帯の方等は、任意接種の自己負担免除の制度があります。事前に保健予防課へお問い合わせください。

○予防接種は区の指定医療機関で実施しています
事前に予約が必要な場合があります。予診票に同封の「医療機関名簿」でご確認ください。新宿区ホームページでもご案内しています。

○1歳児・年長児はMR(麻しん・風しん混合)の定期接種対象です
麻しん(はしか)は非常に強い感染力を持っています。発病すると高熱が続き、時には重い後遺症が残る重大な感染症です。
予防には予防接種が有効ですが、効果を持続させるためには1歳児の接種(MR第1期)に加え、年長児相当年齢での2回目の接種(MR第2期)が大切です(下表)。定期接種の対象で、MR(麻しん・風しん混合)の接種を受けていないお子さんは、早めに接種しましょう。接種期限は、1歳児(MR第1期)は2歳の誕生日の前日、年長児(MR第2期)は3月31日(火)です。なお、2歳~18歳で定期接種未接種の方は、自己負担なしで未接種回数分を接種できます(下表)。

○おたふくかぜワクチンの接種
1回3,000円の自己負担で予防接種を実施しています。対象の方(下表)には、予診票をお送りしています。年長児の接種期限は、3月31日(火)です。予防接種を受けていない方は、早めに接種しましょう。

○子宮頸がん予防ワクチンの接種
小学6年生~高校1年生に相当する年齢の女子は、区の指定医療機関で無料で受けられます(下表)が、ワクチンとの因果関係が否定できない副反応により、積極的には接種をお勧めしていません。接種に関する今後の状況は、国から情報が入り次第、広報新宿や新宿区ホームページ等でお知らせします。

■令和元年度に区が実施している子どもの予防接種
○定期接種(無料)

★1 B型肝炎の接種
母子感染予防として、健康保険によりB型肝炎ワクチンを受けたお子さんは定期接種の対象外です。

★2 DPT(ジフテリア・百日せき・破傷風3種混合)またはIPV(不活化ポリオ)の接種を完了していない方は、必要に応じてDPT-IPV(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ4種混合)を接種できます。詳しくは、お問い合わせください。

★3 日本脳炎の接種
平成7年4月2日~19年4月1日生まれで接種が完了していない方は、20歳になるまでの間、不足分を無料で接種できます。また、平成19年4月2日~21年10月1日生まれで7歳6か月までに第1期の接種が完了していない方は、9歳~13歳未満の間、第1期不足分を無料で接種できます。希望する方は、お問い合わせください。

★4 子宮頸がん予防ワクチンの接種
希望する方は、お問い合わせください。予診票を送付します。

○任意接種