いつまでもあなたらしく暮らすために「成年後見制度を」ご活用ください

©株式会社VOTE FOR

成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などにより判断能力が不十分なかたの生活や財産、権利を守り、支えるための制度です。制度には2つの種類があります。

■法定後見制度
判断能力が不十分なかたの自己決定を尊重しつつ、法律的に守り支えるための制度です。後見人は、必要な支援の内容により、親族のほか弁護士などの専門職が家庭裁判所によって選任されます。

■任意後見制度
将来判断能力が不十分になったときに備えて、十分な判断能力があるうちに、自らが選んだ代理人(任意後見人)と、公正証書によって生活や財産管理に関する契約を結んでおく制度です。

■成年後見制度パンフレット
総合庁舎別館1階権利擁護センター「めぐろ」で配布するほか、目黒区社会福祉協議会ホームページでご覧になれます

■後見人には大きく2つの役割があります
身上保護:介護サービスの利用や施設入所の契約など、本人が安心して生活できるよう環境を整えます。
財産管理:本人の資産や収入・支出を把握し、本人の意向を尊重して適正かつ、計画的に資産を維持します。

■成年後見人などへの報酬助成を行っています
後見人への報酬は、家庭裁判所が業務内容や被後見人の資力に応じて決定し、被後見人が支払います。助成がなければ成年後見人等を付けるができないなどの事情がある場合、助成制度を利用できます。