2年度予算案のあらまし

©株式会社VOTE FOR

■安全・安心を守り、明るい未来を築く予算
2年度予算は、実施計画などの取り組みを着実に反映しつつ、安全・安心なまちづくり、子育て支援、教育の振興、福祉の充実、健康づくり、環境との調和、多様性を認め合う平和な社会の実現といった課題に対応するため、真に必要性・緊急性の高い事業に重点的に予算を配分しました。

◇一般会計

◇会計別予算額
(単位:億円、△は減率)

※各図表中の数字は四捨五入しているため、合計と一致しないことがあります

■重点的に取り組む主な事業
(新):新規事業
(拡):拡充・継続事業

(1)安全・安心なまちづくり
(新)防災センター(旧地震の学習館)改修(※1):2億2,166万円
(新)災害対策の充実・強化(※2):6,378万円
(新)避難所などへの蓄電池配備:1,054万円
(新)自転車の安全な利用の促進に関する条例の啓発事業:156万円
(拡)特殊詐欺対策(自動着信拒否装置、自動通話録音機の貸与):249万円ほか

(2)子育て支援の充実と教育の振興
(拡)私立認可保育所の開設支援ほか:38億3,892万円
(拡)放課後の子どもの居場所づくりの推進(※3):3億709万円
(拡)医療的ケアが必要な児童などへの支援:9,427万円
(拡)民間の子育てふれあいひろばへの支援(※4):2,561万円
(拡)学校における安全対策:1,682万円
(拡)日帰り体験型英語学習事業の実施(小・中学校):1,062万円ほか

(3)福祉の充実と健康づくりの推進
(新)ロタウイルスワクチン定期予防接種:2,572万円
(新)グループホームなど障害福祉サービス事業者職員宿舎借り上げ支援:1,140万円
(拡)特別養護老人ホーム、身体障害者入所施設など複合施設整備支援ほか(※5):12億9,677万円
(拡)受動喫煙防止対策促進事業(※6):3,024万円ほか

(4)環境と調和した魅力あるまちづくりの推進
(新)目黒のさんま祭25周年記念事業:300万円
(新)スズメバチの巣駆除事業(※7):275万円
(拡)河川の環境改善(水質改善・河川清掃):1億3,593万円
(拡)都市計画マスタープランの改定(※8):1,788万円ほか

(5)多様性を認め合う平和な社会の実現に向けた取り組みの推進
(新)多文化共生推進事業(タブレット端末による通訳サービス業務委託ほか)(※9):501万円
(新)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会観戦事業:238万円
(新)性の多様性への理解促進:93万円
(拡)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催機運醸成事業(※10):1億4,467万円ほか

※1:災害時など迅速に対応するため、防災センターに土木公園事務所を移転集約する改修を行います
※2:防災行政無線スピーカーや防災地図アプリの改修、危機管理要員住宅の確保などを行います
※3:児童が放課後などを安心して過ごせる居場所として、小学校内に学童保育クラブを整備します
※4:親子の交流促進と子育て支援機能の充実のため、子育てふれあいひろばの開設経費などを補助します
※5:区有地や国有地を活用した特別養護老人ホーム、身体障害者入所施設など複合施設の整備支援等を行います
※6:受動喫煙の防止に向けたコールセンターの設置のほか、区民の禁煙治療費の助成などを行います
※7:区民の安全な生活環境などの維持を図るため、攻撃性が高く危険なスズメバチの巣の駆除を行います
※8:まちづくりの基本的な方向性を示す都市計画マスタープランの3年度改定に向けた取り組みを行います
※9:総合庁舎の一部の窓口に、通訳サービス用のタブレット端末を導入します
※10:東京2020大会を盛り上げるため、聖火リレー関連事業、区民交流ボッチャ大会などのイベントを行います