IT業界のインターンシップ、主な仕事内容は?探し方や注意点も紹介

©株式会社SEKAISHA

IT化が進む中、IT業界への就職を希望する方も増えているといいます。ITというと専門スキルが求められるイメージがありますが、就職活動の一環として、IT業界でもインターンの募集が多くあります。今回はIT業界のインターンシップについて、主な仕事内容や注意点を中心に紹介します。

IT業界のインターンシップについて

IT業界とは、主にソフトウェア開発やゲームソフト開発、情報処理サービスやインターネットサービスを事業内容とする業界のことをいいます。ひと口にIT業界といっても求められるスキルは異なることから、IT業界への就職を考えている方は専門課程などで特定の分野を学ぶことが多いようです。

近年はIT業界へ就職を希望する方も多く、企業側も人材確保や就職活動の一環としてインターンシップ制度を取り入れています。インターンシップの求人情報を紹介するエージェントでは、IT業界を専門に取り扱っていることもあるほど、IT業界のインターンシップは需要が大きいといいます。

インターンシップとは

インターンシップとは、学生を対象に一定期間企業で就業体験を行う制度をいいます。興味のある業界や企業について知ることができ、さらに企業によっては実際に働いている社員と一緒に仕事をすることもできます。インターンシップには、1日だけの無料体験型もあれば、3ヶ月以上の長期間で給料が発生するタイプもあります。長期インターンシップでは実践的なスキルを身につけることができるため、IT業界の場合は企業の即戦力として働くことができるか具体的にイメージできます。

IT業界ではインターンシップが多い?

IT業界といってもさまざまな職種があり、なかには専門性の高いものもあるため、すべての職種でインターンシップを受け入れているわけではないようです。そのため、参加できる職種は限られているものの受け入れ先は多いといいます。企業ごとにインターンシップの内容は異なりますが、経験者だけでなく初心者でも参加できるものもあるため、IT業界に興味がある方は応募してみると良いでしょう。

インターンシップの主な仕事内容

IT業界のインターシップの主な仕事内容には、大きく分けて2種類あります。初心者や未経験でも歓迎の仕事と、専門知識を生かしながら就業体験ができる仕事です。「IT業界には興味があるけれど、専門的な知識がない」という方でもIT業界のインターンシップに参加することは可能です。ここでは、未経験歓迎の職種や専門性が生かせる職種について、それぞれ詳しく紹介します。

未経験歓迎の主な仕事内容

IT業界では未経験でも参加できるインターンシップがありますが、その主な仕事内容としては、記事作成などのライター、広報アシスタント、営業などです。専門知識というよりビジネスマナーやコミュニケーション能力を身につけることができ、さらにIT業界の知識も得ることができます。まずはIT業界の会社の雰囲気を知りたいという方は、未経験でも参加できる職種を選ぶと良いでしょう。

専門知識を生かす仕事内容

すでにIT分野に関わる知識や資格を持っているという方は、専門知識を生かせる職種に応募することが可能です。企業からの注文をもとにプログラミングを行うSE職では、実際にどのようなプログラムを作成するかなど、根本的なプログラミングの過程について学ぶことができます。デザイナー職のインターンシップでは、主に美大に通っている学生を対象にしていることもあり、ロゴ作成などを担当するようです。

また、エンジニア職のインターンシップでは、プロダクト開発などに携わることから、募集要項に「理系学部限定」など、大学での知識が前提となっていることもあるといいます。そのほかにもアプリ開発やウェブ開発、グループワークなど、企業ごとにインターンシップでの体験内容が設定されているため、専門知識を生かしたいという方は募集要項を確認するようにしましょう。

IT業界のインターンシップを探す方法

IT業界のインターンシップを探すには、求人サイトで探す、もしくは大学のキャリアセンターに相談して探すという方法があります。大学のキャリアセンターで扱っているインターンシップは無給の体験型が多いので、長期間の有給インターンシップに参加したいという方は、求人サイトを利用する方が良いでしょう。

IT業界のインターンシップを扱っている求人サイトには「ゼロワンインターン」や「JEEKインターン」などがあります。

参考

ゼロワンインターン | 長期インターン・有給インターン求人サイト

インターンシップ・有給/長期インターンの募集・求人 | JEEK(ジーク)インターン

インターンシップ制度を導入している主な企業について

インターンシップ制度を導入している企業の中には、知名度の高い会社もあります。インターネット産業やWeb事業を展開している「株式会社サイバーエージェント」では、年中インターンシップの募集を行っています。また、日本で一番インターン生が活躍しているといわれている「株式会社キュービック」では、8種類以上の職種でインターン生を募集し、さらにインターネット事業を展開している「LINE」などでも募集しています。気になる方は一度、募集要項や職種などを確認してみると良いでしょう。

参考

選抜型インターンシップ DRAFT & ITADAKI | 株式会社サイバーエージェント

キュービックインターン採用サイト

LINE株式会社 | インターンシップ

短期インターンシップと長期インターンシップの特徴と注意点

インターンシップには短期と長期、さらには無給と有給など、さまざまな違いがあります。短期インターンシップは開催時期が限定的で、実践的なことを学ぶというよりは企業を知るためのきっかけとして役立てるのが主な特徴といえます。一方、長期インターンシップでは実践的なスキルやビジネスマナーを身につけることができるだけでなく、報酬を受け取ることもできます。しかし、長期インターンシップの場合は選考が厳しく、応募すれば必ず参加できるわけではないため注意が必要です。

インターンシップは複数の企業に応募することもできるため、短期と長期のインターンシップを使い分けると良いでしょう。

IT業界のインターンシップに参加してみよう

IT業界のインターンシップには、初心者から専門知識を生かせる経験者まで、さまざまな方が参加しています。人気企業は選考基準が厳しいものの比較的求人は多いため、業界研究などの就職活動に活用することを目的に参加してみると良いでしょう。今回の記事を参考に、ぜひIT業界への就職に役立ててください。

参考

ITのインターン・インターンシップ募集|ゼロワンインターン

ITのインターンシップ・有給/長期インターンの募集・求人 | JEEK(ジーク)インターン

【2020年卒向け】IT業界の長期・短期インターンまとめ15選!時間がある今のうちに参加しよう! | Workship MAGAZINE

【21卒】IT業界のインターンシップって何するの?文系でも参加できる?現役インターン生が解説します! #インターン #21卒 | .▲.tent

【リクナビ】it 業界 インターンの就職準備・インターンシップ情報|リクナビ2021