雲南病院だより ーケーススタディ ※ 1 発表会ー

©株式会社VOTE FOR

看護学校卒業後3年目から5年目までの看護師を対象に、これまでの自分の看護を振り返り、また今後に活かしていくために、ケーススタディに取り組み、発表会を開催しました。この取り組みは、ケーススタディ※を発表することで自己成長につなげることや、日々の看護実践の中で常に問題意識を持つ能力を養うことを目的としています。
今回は3人の看護師、助産師が取り組みを発表しました。参加者からは、「よくある症例が関わり方で大きく変わることを学んだ。退院を見据えた関わりの必要性も学べた」、「退院を見据えた看護は、自分も現在目標としているところで意識して関わらないといけない」と感想を述べていました。
今後も新人看護師の教育を継続的に行っていきます。

※ケーススタデイ:事例研究
※発表者の詳細は広報紙をご覧下さい。