“常識破り” LG大画面ノートがまたも進化! 「画面の広さは正義」をプロが体感

©株式会社 音元出版

■グラフィック性能が大幅向上!進化した軽量大画面ノートPC「LG gram」

LGエレクトロニクスが日本国内で発売している “プレミアムノートPC” 「LG gram」。2月7日に発売されたばかりの2020年モデルでは、17/15.6/14インチの3サイズをラインナップしている。今回は最新のインテルCPU「Core i7-1065G7」に16GBのメモリ、512GBメモリを搭載する17インチの大画面モデル「LG gram 17Z90N-VA74J」の実機レビューをお届けしよう。

軽量・大画面・長時間駆動も備えたノートPC「LG gram」、さらに進化し、性能までアップグレード!

>「LG gram」 スペシャルサイトはこちら <
>『LG gramが当たるかも!レビューキャンペーン』はこちら <

「ノートPCを選ぶならLG」というイメージは、正直まだ根付いていないかもしれない。だがLG gramは、2016年秋に日本へ導入して以来、初代モデルでは15インチで980gという “世界最軽量” を、2018年には13インチの小型モデルで最大連続駆動時間27時間という他に例を見ないバッテリー性能を実現するなど、プレミアムノートPCブランドとして、数々の記録を塗り替えてきている。

そして2019年モデルでは、軽量かつ長時間駆動の特長はそのままに、17インチの大画面も兼ね備えた持ち運べる “モバイルデスクトップ” という新たなジャンルを展開。マグネシウム合金の筐体で、米国国防総省によるMIL-STD 810G準拠の耐久性というタフネス性能までカバーしているのも信頼の証として頼もしい。

ビジネスマンにとって扱いやすいWindows搭載モデルで、軽量/ハイスペック/バッテリー駆動性能が求められるモバイルPCというのは、従来日本メーカーの得意カテゴリだった。だがモバイル志向がより強くなった今の時代、ノートPCカテゴリにおいても、スマホで世界シェア上位を占めるグローバルブランドの存在感が高まっているのは世界的な流れと言える。

本記事で紹介する最新の2020年モデル「LG gram 17Z90Nシリーズ」は、昨年もレビューで「画面の広さは正義」と紹介した機種のアップデートモデルだ。

「17Z90N-VA74J1」¥OPEN(市場想定価格・税抜218,000円前後)

画面サイズは17インチ、IPS液晶パネルは解像度2,560×1,600(WQXGA)をカバーする大画面ながら、重さは1,350g。オフィスで使用するPC環境を屋外にも持ち出せる、まさに “モバイルデスクトップ” と呼べるスペックだ。これなら出張先のホテルでもいつもと変わらず仕事ができるし、飛行機での移動時にもビジネスクラスの座席ならオフィスさながらに作業できるだろう。

17インチの大画面を持ちながらも、持ち運びも容易な軽量さも実現している

また、80whの大容量バッテリーによって実現した最大19.5時間の「長時間駆動」、そして米国国防総省によるMIL-STD 810G準拠という「タフネス性能」といった、従来シリーズからの特長もバッチリ引き継いでいる。

高性能だけじゃない、上質なデザインも兼ね備えたプレミアムノートPC

さらにアップデートされたポイントとして注目したいのが、“プレミアムノートPC” として品位を高めたデザインだ。LG gram 17Z90Nシリーズは、17インチというギリギリまで大画面を追求しながらも、15インチクラスと同等の380.6W×262.6H×17.4Dmmのサイズ感を実現し、外観はダークシルバーのマグネシウム合金ボディを採用している。

大画面ながら筐体サイズは同インチモデルよりも小さく、スリムで頑強なところも魅力

一見すると昨年モデルと同じだが、よく見ると、画面を開いた際に見えるヒンジ部が背面から見てスムースで美しい仕上げとなっているのだ。昨年のモデルと比較すると、簡単には違いを見つけられないかもしれないが、より上質で洗練された方向へと向かっている所は押さえておきたい。

表面はさらっとして肌触りも心地よく、機能性に負けず劣らぬ上質なデザインも特長
ヒンジ部のデザインがよりスムースに。細かな部分までこだわりのつまったプレミアムモデルだ

もう一つ、キーボードのデザインもリニューアルされている。昨年来、17インチのLG gramをビジネス用途に向けたノートPCとして別格に引き上げている仕様が、10キー付きキーボード搭載だった。Excelなど数字の入力が多いオフィスワークで活用するのはもちろん、デスクトップPC歴が長い人にとって10キー付きキーボードをノートPCでも利用できるメリットは絶大だ。

10キー付きキーボードを引き続き搭載。デスクトップさながらの操作性も兼備

実はこのキーボードのキー配置も、新しい日本語104(10キー付きバックライト)へとリニューアルされている。昨年のレビュー時の写真で見比べて欲しい。10キー周辺ボタン配列が3列から4列になり、キーボード右下に大型のEnterキーを搭載している。つまり、一般的なデスクトップPC用のキーボードの10キー配置と同じになった訳だ。

エンターボタンも大きくなり、使い勝手向上も図られている

実際に打鍵してみても、見た目より深めのキーストロークで、普段からデスクトップPCを使い慣れた人にも非常に使いやすいことだろう。Enterキーを押す際に自然とキーボード右下に指が伸びる癖がついているならば、より直感的で扱いやすいキー配置と感じるはずだ。

■安心のメモリ容量16GB、YouTube向けの動画編集までこなすパフォーマンス

LG gram 17Z90Nシリーズは、10nmプロセスを採用した “Ice Lake” コアの第10世代インテル Core i7-1065G7 プロセッサー、またはCore i5-1035G7 プロセッサーの最新世代を搭載し、内蔵グラフィックは「インテル Iris Plusグラフィックス」が用いられ、グラフィック性能が大幅に引き上げられている。

インテル Iris Plusグラフィックス搭載により、グラフィック性能が大幅進化!その実力は?

今回レビューで検証したLG gram 17Z90N-VA74JはCore i7-1065G7 プロセッサーを搭載し、メモリに至ってはDDR4 3200MHzの高速メモリで、出荷時の状態でなんと16GBを搭載。Windows 10を搭載しているメーカー製PCでもなかなか無いハイスペックだ。内蔵ストレージはSSDで512GBで、本格的なデスクトップの置き換えも考えられる性能といえる。

ビジネス向けのノートPCとして、真っ先に思い浮かぶ用途はワードや表計算、プレゼンテーション、ビジネスチャットソフトなどだろうか。LG gram 17Z90Nシリーズが持つ17インチ/WQXGA(2560×1600)の大画面なら、そうしたソフトを同時起動してもスペースが余るほどで、マルチタスクも余裕に対応する。

さらには、Google Chromeでタブを多数開いてGoogleスプレッドシートの共同編集といったタスクで数GBのメモリを占有した所で、16GBのメモリを搭載するモデルならレスポンスが遅くなる心配もないだろう。

4K映像の視聴はもちろん、重たい動画編集も余裕で対応

また、近年増えているタスクとして、マーケティング目的等で動画編集が求められるケースが多いのではないだろうか。本格的なユーチューバーとして活動している人だけでなく、たとえば自社のイベントの様子を動画で撮影・編集してプレゼンテーションに活用したり、YouTubeでイベントレポートとして公開するといったことも増えている。今の時代、動画制作者御用達のモバイルカメラも4K動画撮影に対応した機種も多く、ノートPCにも編集のための性能も必須だ。

4K動画編集も当たり前になりつつある今、どこでも快適に作業できる優秀ノートPCの需要は高い

LG gram 17Z90Nシリーズはグラフィック性能もアップグレードしている。インテル Iris Plusグラフィックス内蔵により、YouTubeに投稿する動画を編集するためのマシンとして通用する水準を確保してきたのだ。

実際にLG gram 17Z90N-VA74Jで動画編集ソフト “Filmora” をインストールし、実際に撮影した動画を編集してみたが、動画支援機能を切った状態ではCPU使用率が100%に張り付き、動きもややギクシャクする。そこで環境設定からGPUによる動画支援のハードウェア・アクセラレーションを有効に。すると、ウィンドウ表示、全画面表示でのプレビュー動作ともに圧倒的にスムーズに再生できる。

動画支援機能を用いて編集した際のCPU使用率は22%前後、GPU使用率は80%前後。これをみても、動画編集PCとしても十分実用的なことがわかる。編集画面全体もタイムラインの見通しが良く、画面サイズが広いため、プレビューウィンドウもディティールまで確認できて扱いやすい。

クリエイティブ用途に使うPCとしては、周辺機器との接続性も重要だ。外部入力端子は一般的なタイプAのUSB 3.0端子は2系統、1系統あるUSB type-C端子はThunderbolt 3準拠なので、ケーブルを備えれば5K(5,120×3,200@60Hz)までの出力にも対応する。大画面テレビと組み合わせた動画出力のプレビューも可能だ。

左右の側面に端子類を配置。USB type-C端子はThunderbolt 3対応、最大5K出力に対応する

さらにmicroUSBスロットも使えるので、動画編集のインターフェースも文句なし。またUSB Type-CはUSB Power Delievryによる本体充電も対応。USB Type-Cから有線LANに接続する変換端子も付属している。

最後に、動画はあくまでエンタメ用という人にも、本機をお勧めしたい。sRGB96%の色再現性を備える17インチ大画面ならば、映像配信をじっくり鑑賞するモニターとしても実力十分なのだ。

今回のテストではNetflixで配信されている『アイリッシュマン』を鑑賞してみた。視聴環境に合わせて輝度を調整すれば色調もナチュラルで高品位だ。有線ヘッドホンを用意すれば、DTS:X Ultraの立体音響でリスニングできる。ビジネスだけでなく、自宅でじっくりと映像を楽しむエンタメPCとしても使えるだろう。

(特別企画 協力:LGエレクトロニクス・ジャパン)

=== LG gramers キャンペーン ===

>「LG gram」 スペシャルサイト はこちら<

> LG gramers 応募フォームはこちら <

■『LG gramers』とは?

生き方やモノにこだわり「強い自分」を持つ人。そんなあなたに「LG gramers」という名のアンバサダーになってもらいたい。「心まで軽く」なれるモバイルノートを体験して、自分の言葉でLG gramの魅力を世界に向けて発信する「LG gramers」になってもらうプロジェクトです。

■募集要項

LGエレクトロニクス・ジャパンの2020年ノートパソコン「LG gram 17Z90N」を抽選で10名様にプレゼント。当選された方は、1〜2週間ご使用いただき、SNSやブログなどにレビューを投稿していただきます!レビュー後は製品をそのままご使用いただけます。

レビュー掲載期間は【2020年3月20日(金)〜2020年4月2日(木)】

■募集人数(応募多数の場合は抽選となります)

レビューを書いていただくことを条件で10名様に「LG gram 17Z990」を贈呈

さらに抽選に外れた方50名様に「Amazon ギフト券 2,000円」を贈呈

■登録期間

2020年2月25日(火)〜2020年3月9日(月)23:59ご登録受付分まで