「プリパラ」セレブリティなカフェに語尾は不要!「紫京院ひびき“ホワイトデーディナーショー”コラボカフェ」内覧会の模様をレポート

©株式会社イクセル

「プリティーシリーズ」のグッズ専門店「プリズムストーン原宿」。その2階にある「AMO CAFE原宿」にて、2月28日よりオープンする「紫京院ひびき“ホワイトデーディナーショー”コラボカフェ」の内覧会がオープン前日の2月27日に行われた。なおこのコラボカフェは、「AMO CAFE心斎橋」でも3月5日よりオープンとなる。

今回コラボカフェのテーマになった「紫京院ひびき」は「プリパラ」のシーズン2から登場したキャラクター。いわゆる“男装の麗人”キャラで、声は斎賀みつきさんが担当している。登場初期は実力主義的な考え方から、主人公の「真中らぁら」たちと反目しがちだったが、やがてらぁらたちの「み~んなトモダチ!!み~んなアイドル!!」という考え方に理解を示すようになり、和解。また、だんだんと作中での扱いが雑になっていった結果、“リアクション担当”のような役割も担うようになり、そのカッコよさもカッコつかなさもひっくるめてファンから支持されている。

これまでに何度も「プリティーシリーズ」とのコラボが行われている「AMO CAFE」ながら、単独のキャラクターがテーマになるのは今回がはじめてである点からも、ひびきの人気を改めて実感できる。

■ひびきからファンのみんな、ふわり、ファルル、安藤へーー日ごろの感謝を込めたディナーショー

今回のコラボカフェのコンセプトは、「ひびきから大切な人たちへ、日ごろの感謝を込めたホワイトデーのディナーショー」。この「大切な人たち」は、ひびきと共にユニット「トリコロール」を結成している「緑風ふわり」と「ファルル」、ひびき専属の執事である「安藤」、そして「ひびきファンのみんな」をイメージしているのだそう。

ひびきのイメージカラーである紫を基調とした装飾があしらわれた店内は、これまでの「プリティーシリーズ」コラボカフェのカラフルで楽しい雰囲気とは一味違う、シックな佇まい。カフェのいたるところに描かれた、不敵な笑みを浮かべるひびきのイラストやPOPは、ファンにはたまらないはずだ。

店内2ヶ所に設置されたモニターでは、「プリパラ」のひびきが活躍するエピソードが日替わりで毎日放送される。いつ、どのエピソードが放送されるかは、来店してのお楽しみ。

■語尾を断罪せよ!セレブリティかつ遊び心たっぷりのコラボメニュー

「紫京院ひびき“ホワイトデーディナーショー”コラボカフェ」では、期間によって一部メニューが入れ替わる。「AMO CAFE原宿」と「AMO CAFE心斎橋」では期間限定メニューの販売期間が異なっているため、詳細は各店舗の公式サイトや公式ツイッターを確認してほしい。

セレブリティなひびきのディナーショーで振る舞われる食事とあって、コラボメニューはいずれも非常にゴージャス。内覧会ではいくつかのメニューが試食できたのだが、どれもフランス料理のテイストを取り入れた本格派でありながら、「プリパラ」の作中エピソードも思い浮かぶような一品となっている。

いくつか例を挙げてみよう。期間限定メニューならば、「愛に捧げる薔薇のブーケサラダ」は第55話「プリンスとヤギとデートと私」で、ひびきがふわりにプレゼントした薔薇のブーケがモチーフだ。また、「ジーニアス・ケイク・オ・ショコラ」はひびきが正体を隠してプリパラで暗躍していたころに扮していた「怪盗ジーニアス」と、ひびきの好物であるガトーショコラをかけ合わせたもの。

「愛に捧げる薔薇のブーケサラダ」
「ジーニアス・ケイク・オ・ショコラ」
「サーモンのパイ包み焼き」(左)
「ハンガリー産プォアグラソテー」(右)
「鴨のロティ」(左)
「4種の野菜のキッシュロレーヌ」(右)
「ティラミスにカルテットチーズを添えて」

ドリンクでは、「ぷちゅうを航るプリパイレーツ号」が「劇場版プリパラみ~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!- ひびきのコース」でトリコロールが歌った楽曲「Neo Dimension Go!!」のステージとなった帆船がモチーフとなっている。

「ぷちゅうを航るプリパイレーツ号」
「サファイア革命 純真乱舞」(左)
「安藤特製ホワイトデーミルクティー」(右)
「チーズマンゴーティー」(左)
「ビーツとナヴェのブルーテスープ」(右)
「スーパーサイリウムチェンジソーダ」

両店舗共通のコラボカフェ常設メニューでは、「ゴールドエアリークレームダンジュ」はライブ中のアイドルの背中に生える金色の羽「ゴールドエアリー」がモチーフ。ひびきが初披露するのは第73話での「純・アモーレ・愛」のライブシーンだ。

「ゴールドエアリークレームダンジュ」
「語尾断罪!オムレットライス」

そしてひびきファンの方にぜひ注文していただきたいのが、常設メニューの「語尾断罪!オムレットライス」。幼い頃のある体験が原因で語尾がトラウマになってしまったひびきのために、オムレツの表面にプリントされた「プリパラ」キャラたちの語尾を、ナイフで真っ二つに「断罪」できる画期的メニューだ。断罪する語尾は「ぷり」「ダヴィンチ」「ちゃんこ」「どう」「なちゅ」の5種類から選択可能。内覧会では、カフェのスタッフさんが「ぷり」を真っ二つにする様子を見ることができた。

今回紹介しきれなかったコラボメニューも、そのほとんどに様々なモチーフが込められているので、ぜひ想像しながら注文してみてほしい。

各コラボメニューは、ひとつ注文するごとにフードならばランチョンマットが、ドリンクならばコースターひとつ付属する。どちらも7種+シークレット1種の描き下ろしイラストが描かれており、絵柄はランダム。和装やカジュアルコーデなど、ひびきの他では見られない姿も拝むことができる。ちなみにシークレットの絵柄は、ひびきのイメージにそぐわないという安藤の配慮で秘密になっている、という設定だとか。気になる人はその目で確かめてほしい。

ランチョンマットのシークレット

上記描き下ろしイラストは、「スタンディパネルプレゼントキャンペーン」、Twitter連動企画の「等身大パネルプレゼントキャンペーン」、プリズムストーン原宿とのコラボ企画「ポストカードプレゼントキャンペーン」の賞品にも使用されている。また、カフェで販売されるグッズも併せてお会計金額が税込2,000円を超えるごとに、アニメ内でのひびきの凛々しい姿が描かれた「特製フォトカード」がプレゼントされる。心斎橋店に限り、税込5,000円以上お買い上げなら「ディナーショーロゴ入りオリジナルトートバッグ」のプレゼントも。こちらも詳細は公式サイト、公式ツイッターをご確認いただきたい。

「プリティーシリーズ」の現行作品としては、2018年4月に「キラッとプリ☆チャン」へとバトンタッチした「プリパラ」。しかし、その後も出演声優によるライブイベントが続いていたり、昨年10月にはアーケード筐体が復活したりと、新展開がいまも続いている。そんな本作のアニメでも紫京院ひびきが登場したシーズン2のストーリーは異色と言ってよいものになっており、ファンからの支持も多い。そんなシーズン2の立役者であるひびきの勇姿をいま一度拝みたい方は、ひびきの魅力に溢れた今回のコラボカフェに、足を運んでみてはいかがだろうか。

なお店舗入口には消毒のためのアルコールスプレーが設置されている。足を運ぶ方は、感染症対策は万全を期した上で、こちらもぜひ利用してほしい。

「AMO CAFE」公式サイト
https://amocafe.shopinfo.jp/

「AMO CAFE原宿」公式Twitter
https://twitter.com/PrismStoneCafe

「AMO CAFE心斎橋」公式Twitter
https://twitter.com/amocafe_osaka

(C) T-ARTS/ synSophia / テレビ東京/ IPP製作委員会