大野、永瀬(旭化成)連続五輪

©株式会社宮崎日日新聞社

柔道の東京五輪代表に決まった男子73キロ級の大野将平(右)と、同81キロ級の永瀬貴規=27日、東京・講道館

 全日本柔道連盟は27日、東京・講道館で強化委員会を開き、男子73キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)や、同81キロ級銅メダルの永瀬貴規(同)ら12人を、新たに東京五輪代表に選出した。旭化成からの五輪2大会連続出場は1996年アトランタ、2000年シドニー代表の中村兼三(現総監督)らに続き4、5人目。