「通常開催はあり得ない」と尾車事業部長

©一般社団法人共同通信社

 日本相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大により、開催の可否が検討されている大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)について「状況は厳しくなっている。相撲協会だけ通常開催というのはあり得ないだろう」と話し、無観客での開催か中止の方向性を示した。