大関貴景勝は高安に3勝7敗

二所ノ関一門の連合稽古

©一般社団法人共同通信社

稽古する貴景勝(左)と高安=堺市の尾車部屋宿舎

 大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)に向け、二所ノ関一門による連合稽古が28日、堺市の尾車部屋で行われ、38年ぶりの1大関となった貴景勝は高安との三番稽古(同じ相手と続けて取る)で3勝7敗と課題を残した。

 本来の低い体勢から何度も押していく取り口は少なく、苦しいとすぐにいなす内容が目立った。時折、左膝を気にする場面もあった。「体と思ったことが一致しないところがあった。角度や高さのちょっとしたところで、修正していかないといけない。体の調子は悪くない」と淡々と話した。