綾野剛×星野源、野木亜紀子脚本の「MIU404」に岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子が集結

©株式会社東京ニュース通信社

綾野剛と星野源がダブル主演を務め、4月にスタートするTBS系連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(金曜午後10:00、開始日未定)の追加キャストが発表され、岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子が出演することが分かった。

ドラマは、野木亜紀子氏のオリジナル脚本で、警察内部で“何でも屋”とやゆされながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナル「機動捜査隊」(通称・機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す物語。警視庁の働き方改革の一環で作られたという、架空の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」を舞台に、機動力と運動神経はピカイチだが、刑事の常識に欠ける“野生のバカ”伊吹藍(綾野)と、観察眼に優れた理性的な刑事・志摩一未(星野)がバディとして事件を解決していく。

今回発表された3人は、“4機捜”のメンバーとして出演。岡田が演じるのは、警察庁幹部の父をもつキャリアの新米・九重世人。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外にかわいいところもあるという役どころだ。また、キャリアやエリートが大の苦手ながらも、面倒を見るために九重とバディを組む4機捜のベテラン班長・陣馬耕平役を橋本、捜査一課から警察署長を経て女性初となる機捜の隊長に任官した桔梗ゆづる役を麻生が演じる。

デビュー作となった「中学聖日記」以来約1年3カ月ぶりの同局でのドラマ出演となる岡田は、「主役の綾野さん、星野さんをはじめとしたそうそうたるキャストの皆さまのもとでお芝居ができること、大変うれしく思います。TBSの刑事ドラマといえば『MIU404』と言われる未来が見えるようで、心躍る気持ちで撮影に挑んでいます。その中のパーツの一部としてしっかり機能できるように全身全霊、九重を生き抜きたいと思っています。これまで見たことのないようなドラマをお届けします」と気合がみなぎっている。

「クランクインしたばかりですが、ぶっちゃけ、超超楽しい!」と充実した様子の橋本は、「だいたい野木さんの脚本が面白い。塚原(あゆ子)監督の世界観、新井(順子)プロデューサーの集めたスタッフの皆さん、的確で迅速で優しくて、チャーミング。現場があっという間にドライブします」と現場の雰囲気のよさを語り、「そもそも主演の剛くんと源ちゃん。自分がうまい役者になったかのような気にさせてくれます。そして大好きな麻生さん! 岡田健史くんとニコニコで過ごしてます。ワクワクしすぎ。俺、絶対得してます(笑)。皆さまどうぞお楽しみに!」と期待感をあおる。

麻生は「私が演じる桔梗ゆづるは、ひねくれたところがない正義感の強い人。私にそういう役のイメージはあまりないかもしれませんが、少しでも近づけるように頑張りたいです」と意気込み、「刑事ドラマなので毎回起きる事件はもちろんですが、個性豊かなメンバーの集まった“4機捜”内の人間関係や徐々に見えてくる人物背景なども見どころの一つだと思います。何より脚本の野木さんと演出の塚原さんの作られる世界観を楽しんでもらえたらと思います」とメッセージを寄せている。