中居正広『新しい地図』合流は限りなく1%…草彅剛“たった一行”の真実

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

中居正広 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

ジャニーズを退所する中居正広の個人事務所設立により、がぜん注目が集まっているのが稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾ら『新しい地図』との関係だ。中居は「合流ではない」と語っているが〝真新しい地図〟ができるのかが、やはり大きな関心事だろう。

「中居の本音は『稲垣らと一緒にやりたい』なんです。そうすることによって、自分だけ事務所に残ったハラ黒さが払拭できる。でも、自分でそう思っても、スンナリうまくはいかない状況なのです」(ジャニーズライター)

中居は2月21日の会見で、取材陣から「『新しい地図』からメッセージが来たか」と聞かれ、公式的なメッセージがあったことを明かしている。さらに個人メールもあったようで、中居は草彅について「一行だけ来た」と語っている。

「『まいじつ』が独占的に報じていますが、中居はすでに稲垣吾郎、香取慎吾とは直接会って和解しています。最近も食事会をセッティングして稲垣、香取とは会ったのですが、草彅だけ現れなかった。マジメ1本の草彅ですから、独立の際に中居が裏切ったことを許していないのです。だから、中居もうかつに3人との交流は口にできないのです」(同・ライター)

 

ジャニーズとの業務提携も一時的なもの

中居は独立後も今の仕事を継続。ジャニーズ事務所の提携であるかのように語っている。

「ジャニーズ事務所は昨年、業界内での圧力が問題視されました。あらためて言いますが、トンデモない会社なのです。そこで中居に圧力をかければ、また話がぶり返す。だから提携という形で仕事を継続させ、マネジメント料を取った方が得策と考えたのでしょう。でも若手が育ってきたら切るはず。中居とは〝当面の良好関係〟というわけです」(女性誌記者)

それだけに、中居としても『新しい地図』に接近し〝真新しい地図〟として再スタートすることが急務となってくる。

「ジャニーズの弱体化もあるのでしょうが、3人の中でも稲垣の復活が顕著。NHKにMC番組を持ち、3月より連続テレビ小説『スカーレット』にも出演。テレビ朝日の看板ドラマ『ドクターX』シリーズに出るという話もあります。中居と稲垣は昔から仲は悪くない。だからこそ、中居とすれば稲垣に寄るのは当たり前なのです」(同・記者)

ここ最近、CM関係での『新しい地図』の評判はうなぎ上り。

「ジャニーズ嫌いの大手食品メーカー、飲料水メーカーが4月よりスポンサーに就くといいます。テレビ出演にも影響するでしょう」(エンタメ誌記者)

中居は〝たった一行〟しか返信のなかった草彅と、果たして和解できるのか…。可能性は1%から99%の中にありそうだ。