セーリング須長由季が五輪代表に

RSX級世界選手権で日本勢首位

©一般社団法人共同通信社

女子RSX級に出場した須長由季。日本勢トップの21位で東京五輪代表に決まった=ソレント(共同)

 【ソレント(オーストラリア)共同】セーリングのRSX級世界選手権最終日は29日、オーストラリアのソレントで行われ、女子は須長由季(ミキハウス)が日本勢トップの総合21位で東京五輪代表に決まった。日本セーリング連盟が定める選考会の総合得点でトップが確定し、選考基準を満たした。2012年ロンドン以来、2大会ぶりの五輪出場となる。

 この日は1レースのみが争われ、須長は23位だった。16年リオ五輪代表の伊勢田愛は総合30位となり、連続出場を逃した。昨年、男子のRSX級五輪代表に決まった富沢慎は男子の総合20位だった。RSX級はウインドサーフィンの五輪正式種目。