首相が会見、一斉休校に理解要請

休職の保護者支援で新助成金創設

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルスの感染抑止に向けた政府の取り組みについて記者会見する安倍首相=29日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を踏まえ、官邸で記者会見した。教育現場などで戸惑いが広がる全小中高校の臨時休校について「万が一にも学校での子どもの集団感染を起こしてはならない」と国民に理解を要請。休職する保護者の所得減少対策で、新たな助成金の創設を表明した。休校措置を巡り「今から2週間程度、国内の感染拡大を阻止するため、あらゆる手段を尽くすべきだと判断した」と述べた。

 第2弾の緊急対策を10日程度で取りまとめるとした。財源には2019年度予算の予備費を活用する。新助成金については「正規、非正規を問わずしっかり手当てする」と述べた。