バドミントン、桃田が練習を再開

日本協会は再発防止へ提言

©一般社団法人共同通信社

桃田賢斗選手

 1月13日に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、2月8日に右目眼窩底骨折の手術を受けたバドミントン男子シングルスの桃田賢斗が29日、所属先のNTT東日本で練習を再開した。同社によると、チームの全体練習メニューをこなした。

 日本協会の銭谷欽治専務理事は日本代表への合流時期などは未定とし「急がず慌てず、じっくり治しながらやってもらいたいと願っている」と話した。

 銭谷氏は2月中旬にスイスで開かれた世界連盟の理事会で事故や桃田のけがの状態などを報告。再発防止に向けたガイドラインの策定と保険、補償制度の整備を提言したことを明らかにした。