ネット受注に「不安」が8割

フリーランス、連合調査

©一般社団法人共同通信社

 連合が、インターネットを介して受注しフリーランスとして働く千人にアンケートを実施、「働く上で不安に思う」と答えた人が8割に上ると発表した。理由は「収入が不安定」が最多で「報酬額や条件の一方的な変更」「失業手当がない」も多かった。柔軟な働き方として、増加傾向にあるフリーランスだが、働く環境整備が急務である実態が浮き彫りになった。

 結果を受け、連合の山根木晴久総合運動推進局長は「深刻なトラブルもあり、労働者が保護されていないことが分かった。一定のルールが必要だ」と強調している。

 アンケートによると、フリーランスを専業としている人は全体の約38%だった。