学童保育に空き教室活用を要請へ

厚労省、感染拡大に伴う休校で

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校となった北海道北広島市の公立小学校=2月27日

 厚生労働省は1日、新型コロナウイルスの感染拡大で小学校の臨時休校に伴い、原則開所するよう要請した放課後児童クラブ(学童保育)に関し、小学校の空き教室を居場所として活用するよう、厚労省と文部科学省が2日にも都道府県などに通知することを決めた。休校した学校の教員が運営に携わることもできるとしている。

 安倍晋三首相が臨時休校を要請したのに合わせ、政府は学童保育の開所を都道府県に要請。2日の一斉休校の前日に急きょ空き教室開放の方針を明らかにした。泥縄式の対応とも言え、議論を呼びそうだ。

 厚労省はまた、学童保育の追加の利用料は国が全額負担することも明らかにした。