物件探しの落とし穴!理想の物件に入居後はじまったのは、まさかの…

©株式会社サンケイリビング新聞社

引っ越しシーズン到来

みなさんの家庭で、転勤引っ越しされるかたもいらっしゃるのでは?この内容が一助になればと、発信します。

最近聞いて涙した、ご近所さんのおはなし

よかったよかった…と安心したのも束の間!?

絶句...!

がーーーーーーん!!!

わたくしトラノのマンションの近くでも、この半年修繕工事が行われていましたが、ピーク時はまあうるさい。

離れていてもストレスだったのに、そこに住むなんて…しかも引っ越し疲れも癒えぬまま。

大規模修繕工事の騒音&薄暗さ

私はたぶん、病むと思います。

このご家族は、転勤族なこともあり、奥さんは専業主婦。よって入園前のこどもを自宅で育てています。

せっかく天候のよい土地なのに、薄暗くて、騒音とは、本当にかわいそうです。

修繕工事そのものもストレスですが、家の周りにトラックが止まり、頭上には鉄筋パイプ。こどもの危険もぐんと増えます。

転勤族の心得として、わたしは「お金がかかっても住環境は妥協しない」派なので、ほんとうにつらい。

マンション修繕は必要なものだけど

購入したマンションなら我慢できるかもしれませんが、ほとんど住んでもないのにこの仕打ちは、なかなか我慢できるものではありません。(管理会社が教えてくれなかったのか、一家が契約内容で見落としたのかは不明)

突然の転勤辞令、物件探しに十分な時間が割けないのも当然。確認事項の一つに入れておくことをお勧めします。

ぜひ、その点はご注意して納得のいく新生活をお過ごしください☆

いい物件があったら、『修繕工事の予定はありますか!!』と聞こう!!

<ぎゅってブロガー/トラノホッペ>

母親より友達が多そうな2歳の息子と、激務転勤族の夫の3人家族。怒涛の都心ワンオペ育児を経験後、転勤で沖縄に住んでいます。在宅ワークを開始し、日々奮闘中です。育児は「理系的想像力」と「まあいっか」で乗り切っています。目下の課題は“産後太りが止まらない”。

トラノホッペさんの記事一覧

Instagram:https://www.instagram.com/toranohoppe/