「脱獄アイフォーン」販売、19歳少年逮捕 ゲーム課金逃れる「チートアプリ」組み込む 商標法違反容疑

©株式会社京都新聞社

京都府警本部

 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のプログラムを改変し、スマホ用ゲームで不正行為を可能にする「チートアプリ」を組み込んだスマホを販売したとして、京都府警サイバー犯罪対策課と下京署は3日、商標法違反の疑いで、兵庫県播磨町の少年(19)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 チートアプリを組み込むために改造したスマホは「脱獄アイフォーン」と呼ばれる。ゲームで課金せずにキャラクターを強化したり、アイテムを入手したりできることから、会員制交流サイト(SNS)などで違法販売が横行しているという。

 捜査関係者によると、少年は昨年8~12月、脱獄アイフォーン2台を京都府宇治市などの男性2人に計6万5千円で販売し、アップルの商標権を侵害した疑いが持たれている。

 捜査関係者の説明では、少年は中古のアイフォーンを購入後、インターネット上で入手したプログラム改変用ツールを使ってスマホを改造。ツイッターで購入希望者を募った上、客側の要望に応じてチートアプリを組み込んで販売していた。昨年7月以降、約60台を販売し、計約250万円の売り上げがあったという。