秀吉の妻ねねも安心?人類の財産を守る“コンセント” 河村電器産業

2020.01.11放送

©テレビ愛知 株式会社

今、多くの重要建築物に愛知生まれの“コンセント”が設置されている。電気が原因で起きる火災を防ぐ優れモノ。作っているのは、あっと驚く“ロボット職人”たち。これで秀吉の妻ねねも安心!?

超絶ワザ連発!コンセント工場の“ロボット職人”
パリのノートルダム大聖堂に沖縄の首里城…。重要建造物の焼失は人類の損失だ。そんな中、注目を集めるのが、電気による火災を防ぐ世界初の“コンセント”。秀吉の正室ねねが建てた名刹、京都・高台寺での設置作業に密着。さらに愛知県瀬戸市にある巨大コンセント工場では、変幻自在に動く“ロボット職人”たちが大活躍!あっと驚く超絶ワザの全てを大公開!

頑固者の挑戦!世界初は“ほこり集め”から!?
世界初のコンセントはどのように生まれたのか?きっかけは2001年、新宿・歌舞伎町で起きた雑居ビル火災。コンセントに差したプラグに“ほこり”が溜まって出火する『トラッキング現象』が原因だった。当時会社はブレーカーが生産の中心で、コンセント作りの経験も設備もない。「無理だ。やめとけ!」先輩の制止を振り切り、一人の若手技術者が立ち上がる。開発は“ほこり集め”から始まったが…。知られざる開発秘話を再現ドラマでお届け!

工場に太陽!?6000度の熱を放つ切断マシン!
電気のプロフェッショナルが手掛けるもう一つのヒット商品“キュービクル”。コンビニなど店舗の脇で見かける、いわば“小さな変電所”のこと。雨ニモ夏ノ暑サニモ負ケナイ“頑丈な箱”は、太陽の表面温度と同じ熱を放つ切断マシンから生まれていた!

2020年4月11日(土) 15:59までGyao!にて動画配信中