新型コロナ、沖縄43人の健康観察を終了 感染3人の濃厚接触者

©株式会社沖縄タイムス社

 県は3日までに、県内でこれまでに新型コロナウイルス感染が確認された3人の濃厚接触者計43人の健康観察を終えた。3日時点で発熱や呼吸器症状、肺炎所見がある人は確認されていないが、症状に気付いていない可能性もあるとして警戒を続ける。

 新型コロナウイルスの潜伏期間は最長12.5日とされ、県は感染者との最終接触から14日間の健康状態を観察していた。

 一方、県が2日夕から3日朝にかけてウイルス検査をした8人は全て陰性だった。このうち1人は、1度目の検査で試料2種類のうち感度の低い方に陽性が出たため再検査したが、2度目の検査は2種類とも陰性だった。

 

(写図説明)新型コロナウイルスの県内感染者の現状