奥伊勢ゆずがチューハイに 

©三重テレビ放送

三重県大台町で収穫された奥伊勢ゆずを使ったアルコール飲料が、3日に発売され、関係者らが大台町長に商品化を報告しました。

新たに誕生したのは、奥伊勢ゆずクラフトチューハイです。

清流・宮川が流れ、1年を通して雨が多い大台町で生産された奥伊勢ゆずは、香り高く、苦みや渋みが少ないのが特徴です。

3日は、奥伊勢ゆずの生産者と製造販売した宝酒造の関係者らが、大森町長のもとを訪れました。

大台町では奥伊勢ゆずのブランド化を目指す取り組みを行っていて、町長は「今後も大台町の自然と気候をいかして、奥伊勢ゆずの生産を増やしていきたい」と喜びを話していました。

「奥伊勢ゆずクラフトチューハイ」は、4日から東海地方のスーパーなどで販売されます。