卓球女子世界ランキング(3月発表)|ハンガリーOP優勝の伊藤美誠は3位キープ 自己最高の2位に迫る

©株式会社ピンポン

写真:ハンガリーOP優勝の伊藤美誠/提供:ittfworld

3位の伊藤は2位との差を縮める

最新3月の卓球世界ランキングが発表された。2月に行われたハンガリーOPや、チャレンジ大会のスペインOP、ポルトガルOPの結果がランキングに反映されている。

写真:ランクトップの陳夢(写真はドイツOP)/提供:ittfworld

上位選手に大きな変動はない。1位は陳夢(チェンムン・中国)、2位に孫穎莎(スンイーシャ・中国)と中国勢が続く。4位から7位までも中国勢が占め、卓球帝国が存在感を示している。

3位の伊藤はハンガリーOPで優勝を果たした。順位は先月から変わらないものの、2位の孫とのポイント差を先月の740から380まで縮めた。自己最高の2位が手に届くところまで来ている。

石川佳純は馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)と同率の9位。そして続く11位には平野美宇がつける。ハンガリーOP決勝で伊藤との激戦を演じた鄭怡静(チェンイージン)は順位を2つ上げて8位となった。

14歳、小塩遥菜がトップ100入り

写真:ハンガリーOPでの小塩遥菜/提供:ittfworld

他の日本選手では、ハンガリーOP8強の佐藤瞳は先月から変わらず18位となった。ハンガリーOP16強、ポルトガルOP4強の加藤美優は順位を2つ上げて21位となり、日本選手5番手につける。2月の大会参加が無かった全日本女王の早田ひなはポイントを伸ばせず、2ランクダウンの23位となった。

50位以下では、ハンガリーOPで本選出場を果たした14歳、小塩遥菜が順位を16上げて86位に。15歳の大藤沙月も5ランクアップの90位と、中学生の2人が世界のトップ選手へと歩みを進めている。

女子世界ランキングトップ10

1(1) 陳夢(中国) 17015
2(2) 孫穎莎(中国) 15460
3(3) 伊藤美誠(日本) 15080
4(4) 王曼昱(中国) 14425
5(5) 劉詩雯(中国) 14400
6(6) 丁寧(中国) 13450
7(7) 朱雨玲(中国) 13015
8(10) 鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 11455
9(8) 馮天薇(シンガポール) 11100
9(9) 石川佳純(日本) 11100
選手名右の数字はランキングポイント 順位右の()内は先月世界ランキング

日本女子世界ランキング(50位まで)

3(3) 伊藤美誠 15080
9(9) 石川佳純 11100
11(11) 平野美宇10815
18(18) 佐藤瞳8600
21(23) 加藤美優7625
23(21) 早田ひな7320
39(38) 芝田沙季6150
42(39) 橋本帆乃香6020

文:ラリーズ編集部