首相、WHO懸念「受け止める」

感染増で、参院予算委

©一般社団法人共同通信社

 安倍晋三首相は4日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの肺炎拡大を巡り、世界保健機関(WHO)の事務局長が、日本を名指しして感染者増に懸念を示したことに関し「真剣に受け止めなければならない。できる限りの対策を進める」と述べた。立憲民主党の石橋通宏氏への答弁。

 首相は予算委終了後の4日夕、野党党首と個別に会談する。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する法整備などで協力を要請する方針だ。緊急事態宣言を見据え、新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正を図る。