篠原涼子主演「ハケンの品格」に杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人、塚地武雅、伊東四朗が出演

©株式会社東京ニュース通信社

4月15日にスタートする、篠原涼子主演の日本テレビ系連続ドラマ「ハケンの品格」(水曜午後10:00)の追加キャストが発表され、杉野遥亮、山本舞香、ジャニーズ Jr.内ユニット・Travis Japan の中村海人ら注目の若手のほか、吉谷彩子、ドランクドラゴン・塚地武雅、伊東四朗が出演することが分かった。

同作は、難関資格を多数所有する、時給3000円の最強派遣社員・大前春子(篠原)が派遣先で活躍するお仕事ドラマ。今作は、食品会社「S&F」の課長・里中賢介(小泉孝太郎)が、春子を呼び戻すところから物語がスタート。発表された6人は「S&F」で働く人物として登場する。

親戚の伝手を使って「S&F」にコネ入社した新入社員・井手裕太郎役を演じる杉野は、「『ハケンの品格』は母親が目を輝かせながら見ていたドラマ。その横でちょこんと座っていた僕が、その世界に入ること。憧れの上司、大前春子さんと一緒に働けるかもしれないこと、胸の高鳴りが止まりません」と期待し、「同時に僕と同世代の社会人の方が 考え、今感じていることを『伝えたい』と強く思ってます。このドラマにより心が動いて行動する、ほんの少しのキッカケになれるよう頑張ります」と意気込みを語る。

また、つらい過去体験がトラウマで契約更新毎におびえる中堅派遣社員・福岡亜紀役を演じる吉谷は「高校生の頃に見ていたドラマでしたし、私にとって『強くて』『憧れる』スーパーウーマンとの初めての出会いが大前春子だったので、出演できること、共演できることが、言葉で絶対に伝わらないくらいにうれしく、光栄なことです」と喜ぶ一方で、「とても話題の作品だからこそ、視聴者の方々の期待に応えられるか…という緊張感もあります」とプレッシャーも感じているようで、「私が演じる亜紀は中々自分のことをうまく口に出せない子で、きっと共感してくれる人も多いと思うので、できる限り精いっぱい演じさせていただきたいです」と力を込める。

就職活動中は大手企業を受けるも、すべて不合格で派遣社員の道を選んだ新卒の千葉小夏役を演じる山本は「期待が高い作品に出演できることはとても光栄です。ドラマのテーマでもあり、私が演じさせていただく 小夏の『派遣社員』という仕事、立場は分からないことも多いですが、演じながら学び、理解を深めていけたらと思っています。 多くの先輩方との現場で不安や緊張もありますが、視聴者の方に共感してもらえるような目線で、一生懸命演じさせていただきたいです」と抱負を話す。

趣味はSNSと株式投資で、起業家セミナーなどにも通う“意識高い系”新入社員・三田貴士役を演じる中村は「まさか、こんな大きな作品に出演させていただけるなんて、喜びはもちろんですが何より驚きが大きいです」と謙虚に語り、「作品は知ってはいましたが、あらためて見させていただきました。とにかく面白いドラマで、どの世代が見ても楽しめるドラマだと思います。ドラマのレギュラー出演が初めてで、分からないことだらけですが、新入社員の三田貴士という役に等身大でぶつかっていきたいです。一回りも二回りも成長できる作品にしたいと思っていますので、応援のほどよろしくお願いします」と気合に満ちている。

そして、「S&F」営業事業部の部長で、春子とは真逆でとにかく調子がいい男・宇野一平を演じる塚地は「僕が演じる宇野は“大前春子がスーパーハケンだと知らない”役なので、気負わず新鮮な気持ちで演じたいです。 前作を知っている視聴者には、僕の大前さんに対する態度に、『おい、宇野! 相手を誰だと思ってる!』と突っ込んでもらいつつ、初めて見る方々にとっては一番視聴者に近い視点の存在でいられればと思ってます」とコメントし、一見人当たりがいいが、実は「社員ファースト」のハケン嫌いな 「S&F」 新社長・宮部蓮三役を演じる伊東は「篠原さんや小泉さんなどお久しぶりの方もいれば、はじめましての方もいらっしゃいますが、楽しみながら演じられたらと思っています。私が演じる宮部は大胆な発言が多い社長役なので、視聴者の方々には、嫌われたり、時には共感したりしながら見ていただきたいです」と呼びかけている。