からし蓮根の青空、Juice=Juiceに観衆1万人の中で大喜利級の緊張挨拶

©株式会社ラジオ関西

 お笑いコンビ・からし蓮根の杉本青空が、3月6日、冠ラジオ番組『さしよりからし蓮根』(ラジオ関西)で、ハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juiceのライブイベントにおいて、メンバーと対面したときのエピソードについて語った。

からし蓮根の杉本青空(写真:ラジオ関西)

  2月23日、青空は神戸・三宮でラジオ番組のイベントに出演後、自身の好きなグループJuice=Juiceが、偶然、会場近くの神戸・ハーバーランドで新曲の発売イベントを開催しているという情報をキャッチ。観覧無料だったこともあり、ファンの1人として足を運び個人的に楽しもうと考えていたが、その考えを知ったラジオ局のスタッフが、すぐさまJuice=Juiceの所属する事務所のスタッフにそれを報告。その結果、なんとマネージャーの厚意で公演後のメンバーとの挨拶の場を設けてもらえることになったという。

 しかし、会場に到着した青空にスタッフがその旨を伝えたところ、青空は「もう帰りますので!」と絶好の機会をまさかの固辞。本来なら願ってもないチャンスに違いないが、憧れのハロプロアイドルを前にすると、まともに会話ができないことを度々明かしている青空は、高まる緊張やメンバーへの申し訳なさから、遠慮の構えを見せたようだ。

ハロプロのアイドルとの挨拶失敗談を度々語っている青空(写真:ラジオ関西)

 そこに遅れてラジオ局のスタッフが合流。青空は「ヤバいファンが暴れているようにしか見えない」ほど抵抗したものの、半ば強引に舞台裏に連れて行かれ、ライブ出演終了直後のメンバーと対面することに。そして、極めて緊張しながら最小限の自己紹介を展開した。

 しかし、突然のお笑い芸人の訪問に、メンバーはポカンとした様子。見かねたスタッフがJuice=Juiceの楽曲を自身のラジオ番組で毎週オンエアしているという情報を補足したところ、「え~!」と反応があったという。それだけで十分に満足し、挨拶を切り上げようとした青空であったが、「Juice=Juiceの中で一番好きな曲は?」という予想外な質問が事務所スタッフから飛んできたと明かす。

「そりゃ好きな曲はあるけど、その場でパッと選んで言わなあかんし……、本人の前でめちゃめちゃ緊張するやん! 『新曲です』って言うても……とか考えて。俺からしたらものすごい大喜利振られたみたいな! 観衆1万人の前で『こんな医者は嫌だ。どんな?』って言われたぐらい緊張してんねん、もう! それで『好きな曲……好きな曲……』と考えて……。好きな曲はあるんよ。『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』っていう曲とか。でも、そこで気づいてん! (Juice=Juiceは)めっちゃセリフみたいな曲名が多いんよ! それを俺が(声に出して)言うと『キモイ!』って思って。好きやけど、これはやめて、それで『イジワルしないで抱きしめてよ』……、これも俺が『抱きしめてよ』って言ってるみたいになるからあかんってなって。じゃあ、『私が言う前に抱きしめなきゃね』……って、なんでなん!! なんでこんな曲しかないん!!」と自意識過剰な思い込みのせいで10秒ほど言葉に詰まってしまったという。

 そうした葛藤の末、ようやく口から出た言葉が「全部好きです」。当然ながら青空の頭の中を知る由もないJuice=Juiceのメンバーは、終始「素っ頓狂な顔をしていた」ようだ。

宮本佳林の卒業発表時の放送で「続いていくSTORY」を選曲したJuice=Juice好き芸人の青空。その思いを次は伝えたい。(写真:ラジオ関西)

※ラジオ関西『さしよりからし蓮根』2020年3月6日放送回より