町田啓太、小池徹平が新川優愛を翻弄。「ギルティ」で秘密、裏の顔を持つ男役

©株式会社東京ニュース通信社

4月2日にスタートする、新川優愛主演の日本テレビ系連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)に、新川演じるヒロイン・荻野爽の運命を翻弄(ほんろう)する男性役で、町田啓太と小池徹平が出演することが決定した。

同ドラマは、累計発行部数は 150 万部を突破した丘上あい氏原作の人気コミック「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の実写化。身近な人々から数々の裏切りに遭って幸せを奪われ、許されない純愛に揺れるヒロインが、苦悩しながらも強く生きる姿を描く、ドロドロの人間関係とキュンキュンする恋愛が交錯する“ドロキュン”なラブストーリーだ。

今回、町田が演じるのは、爽の高校時代の元恋人で、レストランの店主を務める秋山慶一。陽気で口が悪く一見ぶっきらぼうだが、本当は優しく面倒見のいい性格。現在は既婚となり、妻を愛してはいるが、心の底では爽への秘めた思いをずっと抱えており、また爽に対して打ち明けられない“秘密”を隠しているという役柄。一方、小池が演じるのは、爽の夫・荻野一真。広告代理店勤務で高給取りというハイスペックなイケメンで、雑誌編集者として忙しく駆け回る妻の仕事への理解もあり、家事も率先して分担して行うという優しくて完璧な夫。しかし、実は、爽には決して見せない“裏の顔”を持っているという、影のあるキャラクターだ。

町田は「原作と台本を読み、思わず声が漏れてしまうくらい想像の上をいく衝撃的な展開に驚き、読者としても気持ち良くだまされ続けました。愛情表現が苦手な秋山ながら、爽のために何ができるのか、自分はどうしたいのか、秋山と一緒に考えていければと思っています」と役作りについて語り、「この作品に一体どんなラストが待っているのか、視聴者の皆さんと一緒に楽しめるように、考えることを諦めず全力で挑ませていただきます。ぜひ楽しみにしていてください!」とメッセージを寄せる。

本作について「とにかく展開に驚く作品だなと思う」と話す小池は、「人間関係が非常に面白い作品です。人にはそれぞれいろんな顔があるんだなと。僕の演じる一真もなかなかクセのある役です。平気な顔でうそがつけるヤバめな人物です。皆さんに驚いて楽しんでもらえるように頑張ります」と意気込みを語っている。