鈴木杏樹に慰謝料検討! 貴城けい“反撃の狼煙”に世間は意外な反応…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

鈴木杏樹 

(C)まいじつ

元宝塚歌劇団宙組トップ・貴城けいが、夫の喜多村緑郎と不倫関係にあった女優の鈴木杏樹に対して、慰謝料請求を検討していることが分かった。

『週刊文春』の不倫報道以降、鈴木はレギュラー出演していたラジオ番組『鈴木杏樹のいってらっしゃい』(ニッポン放送)を降板。また、同局の『オールナイトニッポン MUSIC10』も連続で欠席していたが、3月4日、5週ぶりに出演し、番組冒頭で「この度はお騒がせして、本当に本当に本当に申し訳ございませんでした」と涙ながらに騒動を謝罪した。久々に動きを見せた鈴木だが、周囲には近い将来の海外移住計画を漏らしているという話もある。

「一方で、貴城に対して、いまだに正式な謝罪をしていないようです。形式上、先月6日にコメントを発表しましたが『今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆様にご迷惑をお掛けすることのないよう慎みます』と謝罪するだけで、貴城に一切触れることはありませんでした。貴城もそんな鈴木を『絶対に許さない!』とカンカンだといいます。慰謝料請求は当然でしょうね」(芸能記者)

しかし、貴城に対して、ネット上からは否定的な意見が上がっている。

 

「何でいちいち公にするんだろう」

《慰謝料請求するのはいいけど、黙ってやればいいのに。何でいちいち公にするんだろう》
《家庭の問題は家の中でやってください。無駄なアピールは不要。ペラペラしゃべらずにやりなよ》
《鈴木杏樹が最低なのは分かるけど、その前に、自分の夫のだらしなさをどう考えているんだろうか。まずは夫を懲らしめろよ》
《鈴木に慰謝料を請求するなら、過去に喜多村が遊んできた女にも同じことしてるのかな?》

夫のだらしなさについて、もし不問にしているとすれば、このような意見が出てくるのも仕方ないのかもしれない。

「夫の喜多村は過去にも女遊びを繰り返しており、鈴木との不倫がバレた際も悪びれずにいたといいます。仮に貴城と喜多村が離婚に至れば、高額な慰謝料請求も可能でしょう。しかし貴城と喜多村が何事もなかったかのように夫婦関係をこのまま続けるのであれば、大した慰謝料も得られないと思います。怒り心頭なのは分かりますが、鈴木だけに憎しみをぶつけてもどうにかなるわけでもありません。むしろ〝だらしない夫を管理できない女〟として、逆に株を下げてしまったようです」(前出の芸能記者)

遊び人の夫と決別し、それから鈴木に慰謝料を請求した方が世間も納得したに違いない。